メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
2019年総会・研究例会開催(ご案内) : ―2019年総会・研究例会開催(ご案内)―
投稿者: bj-admin 投稿日時: 2019-2-28 8:42:05 (388 ヒット)

主催 BEST−JAPAN研究会
会長 北嶋 弘一
協賛 砥粒加工学会 バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会   
                 ショットピーニング技術協会
                 八尾バリテク研究会

 
 製品の高機能化、小形化に対応して部品構造は小形で複雑形状になってきています。
 今度の研究例会は、レースマシンのエンジン部品、人工衛星の部品など、金属精密部品製作を手掛ける(株)入曽精密を訪問します。2005年に日経ものづくり大賞、2013年にはドイツハノーバで開催された5軸加工プロセスコンテストで世界第3位を受賞、2016年 立方体の一辺が0.1mmの真鍮製サイコロの製造に成功しています。微細・精密部品加工では見聞する内容が盛りだくさんあります。
是非、ご出席の上、ご自身の目で見聞下さい。

1.日時 平成31年4月9日(火)13:30〜16:30
2.場所 (株)入曽精密
  〒358−0033 埼玉県入間市狭山台4−6−7
  TEL:04-2934-4633 
3.集合場所と時間
  西武池袋線入間市駅、改札口 12:50
  (タクシーに分乗して会場へ)

4.(株)入曽精密様の紹介
 (株)入曽精密様のホームページにある部品事例を紹介します。Φ5.3、厚さ0.5mmのチタン製プロペラ、Φ1.8、長さ2.4mm、端数20のチタン製微細ネジなど 微細部品を製造されています。また、サブミリオーダーのニーズに応えるべくマイクロパーツ・ハンドリングシステムを開発しました。 微細加工機などで製造された部品をモニタを通して観察しながら手元のハンドルで操作することで微細部品を用意に取扱うことが可能です。多数のΦ0.01mmの穴の中から任意の場所にΦ0.05タングステンワイヤー挿入できるハンドリングシステムです。

5.プログラム
 13:30 開会
  BEST-JAPAN研究会会長挨拶
  *(株)入曽精密様ご挨拶
  *会社概要
  *製品・技術紹介             
  *工場見学と質疑応答
  *総会  
 16:30 閉会

6.定員20名(先着順、同業者の方も参加できます)

7.参加費
  会員、協賛会員5,000円
  2口会員、3,000円
  非会員10,000円、学生、無料
  当日受付で支払い下さい。請求書をご入の方はお申し出ください。

8.申込み締切り
  FAX、またはメールで下記あて4月1日(月)までに申込み下さい。

9.申込み先・問合わせ  
  BEST−JAPAN研究会 事務局 宮谷 
  TEL/FAX:045−473−0742
  メール:miyatanieng@aol.jp
  HP:http://www.best-japan.org/


(ふりがな)
氏 名:

資格 : 会員・協賛会員、2口会員、非会員、学生

交通 : 電車、車、その他(        )
          (いずれかを○で囲んでください)

勤務先・所属:  

住所:〒

TEL:                             

FAX:                         

E-mail:        

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
QRコード

http://www.best-japan.org/

会員へのリンク
どんなものどんな製品でも磨きます。バリ取りから鏡面研磨まで
バリ取り・洗浄・研磨を超音波で自動化!超音波キャビテーション応用技術
キズ、打痕、バリの良否判断:人の目に、より近ずいた画像認識検査装置
円筒内の加工を得意としています。交差穴のバリ取り、研削、ホーニング、仕上げなど
精密部品用、複雑形状部品用各種研磨材、研磨布紙のことならお問い合わせください。
金属部品の疲労強度向上、摺動性向上などの表面改質用ツールを提案しています。
多様な分野の技術者、研究者が、科学技術を通して社会に貢献する団体です。
磨き抜かれたブラシ技術を提供します