メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-6-11 22:03:09 (108 ヒット)

 来る6月20日(水)から22日(金)まで東京ビッグサイトで開催される第22回機械要素技術展で、BEST―JAPAN研究会ブース(東48−45)ではバリ取り・エッジ品質・エッジ仕上げ・表面仕上げに関して、経験豊富な研究会会員による技術相談を行います。会員・非会員を問わず技術相談に応じますのでお立ち寄り下さい。各展示ブースを見学される前に、当研究会で情報を仕入れると、効率よく見学できます。

 現物、図面などをお持ち頂くと、より的確にご回答できますので、問題解決の満足度を高めるのに役立ちます。

また、「バリなきこと」やバリ取り・エッジ品質・エッジ仕上げ・表面仕上げに関する規格、書籍を紹介・販売しています。さらに、会員のカタログも展示しています。バリ処理、エッジ品質、精密表面仕上げに関する情報もたくさんありますので、ぜひお立ち寄りください。


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-4-8 21:12:06 (206 ヒット)

 恒例となりました第16回東芝機械グループ・ソリューションフェア(5/17〜19)
のご案内をお送りします。

 東芝機械のソリューションフェアは射出成型機、押出し成形機、ダイカスト成形
機、ガラス成形機、微細転写成形機など多くの成形機を一度に見学できる珍しい機会となります。

 また、工作機械、超精密加工機などの加工機、ロボット、制御装置など産業を支える多くの機械をデモ展示します。

 鋳造工場では日に何回か注湯を見学する機会もあります。注湯時刻表が掲示されますので昼食の前にご確認いただくと待ち時間なくご覧になれると思います。
5分前にはいらしてください。

 なお、大型工作機械は沼津工場では機械加工設備として実際に稼働しているところを、御殿場工場では組立状況を見ることができます。

 すべての展示機に技術説明員がついていますので、活発な質問・コメントをお待ちしています。難しい質問で技術者を啓発いただけるのもありがたいことと思っています。

 工学を目指す学生や企業の若手技術者にとっては、加工学の教科書に出ている多くの機械を1日で見聞きすることができる絶好の機会です。
 大勢の若き技術者を連れてご来訪下さい。

 見学予定日を登録いただきますが、同行者が増減したり、日程が変更になったり来られなくなっても構いません。参加される方の概数をつかむ目的ですので、およその予定をメールにてお知らせいただければありがたいと思います。


シャトルバスは下記がご利用可能です。
今年から三島駅発御殿場工場行きもできました。
 三島駅北口⇔沼津工場 (往復)三島駅9:00始発、15分間隔
 三島駅⇔御殿場工場  (往復)三島駅9:45始発、30分間隔
 沼津工場⇔御殿場工場 (往復)

 昼食は沼津工場、御殿場工場どちらにもご用意しておりますが、御殿場では軽食のみとなります、できるだけ沼津のバイキングをお楽しみください。

各HALLの展示内容、セミナーの内容などは下記HPからご確認ください。

http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/exhib/solutionfair/index.html

お申し込みは、上記サイトの「事前申し込み」でお願いいたします。
13.担当事業部は 工作機械事業部 にチェックを入れてください。

*学生数名を同行される方等も歓迎します。

                              以上


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-4-8 21:01:56 (177 ヒット)

エッジの品質規格と仕上げの関連について

1.バリ取りとエッジ仕上げの違い
  バリ取り・エッジ仕上げ・表面仕上げ
  エッジ品質用語事典(日・英・中)
  (1917年、BEST―JAPAN研究会発行)によれば
  次のように定義されています。

1)バリ取りとは
 部品のバリを除去して、鋭利なエッジをなくするために仕上げ加工とし
 て行う作業のこと

2)エッジ仕上げとは
 設計通りのエッジ品質を実現するための仕上げ加工としておこなう作業
 のこと


2.設計で示すエッジ品質の図示には下記のようなものがあります。
 1)指示なき角部はR0.3mm以下のこと。
 2)指示なき角部はC0.1〜0.3mmのこと。
 3)角部はR0.02〜0.08mmのこと。
 4)角部はシャープエッジのこと。

 「JIS B 0721 機械加工部品のエッジ品質及びその等級」で、エッジ仕上げの等級は、上記のいずれもB級(中級)に相当しています。指示された寸法公差以内に加工することになります。

 エッジ寸法に公差または範囲を設けて加工するためのバレル加工条件やブラシ加工条件を求めた実験結果の発表事例は今までに少ないのが実情です。部品の角にバリが発生していても、この公差以内に加工する必要があります。

ここで、少し解説します。
1)と2)は比較的容易でしょう。

 3)に示されたR0.02〜0.08mmのエッジ仕上げは、かなり難しい。バリも許されない。さらに許容される面取り量も小さい。0.02mm以上の面取りまたは丸みつけを可能にする仕上げ加工は少ない。一例を挙げれば、バリを抑制して「ゼロ」に近づけて、エッチングや粒度の細かい研磨テープ、砥粒入りナイロンブラシなどの仕上げ加工を適用する方法でしょう。

 4)のシャープエッジとは次のように定義できます。
 JIS B 0051 によれば、シャープエッジとは「ほとんどゼロに近い偏差をもつ「かど」または「隅」のエッジです。ほとんど「ゼロに近い」を数値で示せば「0.05mmまでのバリが許容され、しかも面取り量、すなわちアンダーカットも005mmまで許容される」エッジです。

 0.05mmまでのバリを許容することが重要なポイントになります。実際にはバリを許容しないシャープエッジが要求されるでしょう。つまり、アンダーカットすなわち面取りCまたは丸みR0〜0.05mmです。このエッジ寸法では「バリはゼロ」で、面取り量も最大0.05mmです。

 バリ取りの前加工で、バリ厚みが0.05mm発生すれば、この仕上げ加工方法は、大変難しいものになります。したがって、バリを極力抑制した前加工を採用して、バリを0.01〜0.02mm程度に抑える必要があります。

 次に、面取り量Rまたは丸みCが最大0.05mm以下にするために、精密なエッジしあげが必要になります。
イオンエッチング、ケミカルエッチング、電解研磨、粒度の細かい研磨テープや砥粒入りナイロンブラシ、精密ブラストや磁気研磨などです。

 エッジ寸法が精密になれば、さらにエッジ仕上げは難しいものになります。そして、バリとの関わりあいが極めて重要になります。 JIS B 0721では、極超鋭利エッジの寸法として、0.002mmの区分もあります。かみそりの刃先や工具の切れ刃、精密金型のエッジなどが対象です。刃先の仕上げは究極のエッジ仕上げで、電解研磨などが用いられます。


参考文献
1)バリ取り・エッジ仕上げ・表面仕上げ
  エッジ品質用語事典(日・英・中)
  1917年、BEST―JAPAN研究会発行
2)JIS B 0051 製図―部品のエッジー用語及び指示方法
3)JIS B 0721 機械加工部品のエッジ品質及びその等級
                              以上


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-2-25 13:20:44 (237 ヒット)

ショットピーニングシンポジウム
「第13回ショットピーニング国際会議発表論文の紹介」開催のお知らせ
主催:ショットピーニング技術協会
協賛:(公社)自動車技術会、日本ばね学会
(公社)砥粒加工学会、BEST-JAPAN研究会

 ショットピーニング技術協会では、設立以一貫して、会員各位に有益な情報を提供するために、機関誌の発行をはじめ学術講演会、シンポジウム、工場見学会、スクールなどを開催してまいりました。今回、ショットピーニング技術関連に携わっておられる産学官の皆様に技術革新の一助になればとシンポジウムを企画いたしましたのでご案内いたします。

 昨年9月19日〜21日、カナダ・モントリオール市で開催されました第13回ショットピーニング国際会議(ICSP13)には、19ヶ国、約180名の参加者があり、114件の論文が発表されました。

 仕事のご都合などでICSP13に参加できなかった会員各位のご希望にお応えするために、各国の研究開発動向や技術交流などの概要をご報告すると共に国際会議発表論文の中から日本人研究者にお願いしホットな話題を追加してご講演いただく内容となっております。

 なお、本年は当協会設立30周年にあたり、参加費は会員無料、非会員10,000円と致しました。
添付ファイルのプログラム・講演概要をご参照いただき、是非ご参加下さいますようお知らせ申し上げます。


          記
1.日 時:平成30年3月13日(火) 13時〜18時
2.場 所:明治大学 駿河台キャンパス
      アカデミーコモン2階 A1,A2,A3室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
3.参加費:会員(法人、個人、協賛団体の会員):無料
      非会員:10,000円
4.申し込み:下記の申込事項に必要事項をご記入の上
       ショットピーニング技術協会宛にE-mai
       (info@shotpeening.gr.jp)
       またはFAX(03−5842−1148)で
       お申し込み下さい。

1) 氏名
2) 会社名
3) 所属
4) TEL
5) FAX
6) E―メール
7) 所在地 〒
8) 協賛団体名
   当研究会会員は BEST−JAPAN研究会と記入下さい。
9) 技術交流会(〇印を付けてください)
  (1)参加、  (2)不参加

5.発表論文の概要は添付ファイルをご覧ください。

6.プログラム
    
13:00 開会
第13回ショットピーニング国際会議(ICSP13)概要報告

13:20
題 名
キャビテーション噴流およびパルスレーザによるキャビテーションピーニング
研究者・東北大学 祖山 均

13:45
題 名
新しいレーザピーニング技術:犠牲層を用いない大気中で施工可能なドライレーザピーニング
研究者・大阪大学 佐野智一

14:10
題 名
3種のピーニングを施したアルミニウム合金の陽電子消滅法及び残留応力による評価
研究者・金沢工業大学 有本 翼、小栗和幸 ・東洋精鋼(株) 渡邊吉弘、服部兼久、
上杉直也 ・(国研)産業技術総合研究所 山脇正人

14:35
題 名
陽電子消滅法によるショットピーニングしたコイルばねの残留応力分布評価
研究者・東洋精鋼(株) 上杉直也、渡邊吉弘、服部兼久
・(国研)産業技術総合研究所 山脇正人

15:10
題 名
SHOT PEENING EFFECT ON PIECES MANUFACTURED BY 3D PRINTER
研究者・新東工業(株) 小林祐次 ・沖縄工業高等専門学校 政木清孝

15:35
題 名
ショットピーニング処理された浸炭鋼のピッチング寿命に及ぼすSi添加の影響
研究者・大同特殊鋼(株) 宮内順也、石倉亮平、井上圭介、山口浩平

16:00
題 名
転がり軸受の疲労寿命に及ぼす初期残留応力の影響
研究者・名城大学 宇佐美初彦、佐藤慎哉、南 朋宏 ・伊藤機工(株) 周 克儒、
齊藤 岬 ・IKKショット(株) 山田吉和、安藤正文

16:25総合討論
16:55閉会
17:00〜18:30技術交流会
                       以上


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-1-12 21:44:38 (551 ヒット)

―BEST-JAPAN研究会 2018年総会・研究例会開催(ご案内)―

主催 BEST−JAPAN研究会
会長 北嶋 弘一
協賛 砥粒加工学会 バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会   
   ショットピーニング技術協会(予定)
   八尾バリテク研究会

 今度の研究例会は、このような製品・部品の流れに対応して、大型工作機械の製造販売に取り組んでおられる東芝機械?御殿場工場を訪問して研究例会・総会を開催いたします。

 船舶や発電所の機械部品を加工する大型工作機械の製造です。どのように大型機械が組立て調整されていくのか見学できます。めったに見られない機工作機械です。
 万障お繰り合わせの上ご出席ください。

                記
1.日時 平成30年2月8日(木)13:00〜17:00
2.場所 東芝機械(株) 御殿場工場
     〒412-0038 静岡県御殿場市駒門1-120
     電話 0550−87−4020

集合場所 三島駅新幹線北口改札 12:00
     タクシーに分乗して向かいます。(約50分)


東芝機械(株)の紹介
 昭和24年の創業以来、その時代の工業の基幹となる生産機械を製造してきました。現在はプラスティックや金属の成形を行う機械を主製品とし、それらの金型を加工する超精密加工機や工作機械と合わせ、ロボットや制御装置などを製造しています。御殿場工場では大型工作機械の組み立てを行っています。


3.プログラム
1)13:00〜   開会
 (1)BEST-JAPAN研究会会長挨拶
 (2)東芝機械(株)様ご挨拶
 (3)講演1.
    「超大型工作機械の課題と取組」東芝機械(株) 相良 誠 氏

 超大形工作機械には一般のマシニングセンタなどと異なる特有の技術課題がある。それらの課題を5つのキーワードにまとめました。これらの課題の寄ってくる理由を示し、課題に対する今までの取組み状況を整理し、将来へ向けた新しい技術開発の状況についても紹介します。(60分+Q&A10分を想定)

 
 (4)14:20〜 工場見学

 御殿場工場は工作機械組立専用工場です。テーブル形横中繰り盤、立旋盤、門形マシニングセンタなどを製造しています。当日は講演でご紹介した超大型工作機械が出荷前調整中なので、講演を振り返りながら超大型機の技術内容を確認していただきます。(60分を想定)

   15:20〜休憩


 (5)15:30〜
    講演2.「高圧クーラントを用いた高速切削加工」
         (株)トクピ製作所 森合 主税 氏
  
 航空機や人工衛星、人工関節などチタン合金を切削する際、熱が滞留し切削速度を上げにくく、工具寿命が短くなりやすい。そこで、高圧クーラントを用いて、切削点近傍の効果的な潤滑を行い、切りくずの処理性向上や切削抵抗の低減について検証した結果を説明します。(50分+Q&A10分を想定)


 (6)16:30〜17:00
     報告会・総会(BEST−JAPANが担当)
 (7)17:00  閉会
                             

4.PRコーナー
法人会員が自社の製品・新技術等を公開できる場です。
資料部数は20部ほどご用意ください。費用は無料です。


5.定員 20名(先着順) 同業者もご参加下さい。


6.参加費(1名分、会員資格に○印下さい。)当日受付でお支払いください。
  振り込みをご希望の方はご連絡ください。
  会員、協賛会員5,000円
     2口会員3,000円
     非会員10,000円
     学生 無料


7.申し込み・問合わせ先  
  BEST−JAPAN研究会 事務局 宮谷 
  TEL/FAX:045−473−0742
  メール:miyatanieng@aol.jp
  または、http://www.best-japan.org/
      (3,4日の余裕必要です)


8.申し込み  締め切り 1月31日(水)、
  下記の(1)〜(9)を記入してFAXまたはメールで
  申し込みください。

             
             申込書

「2月8日研究例会申し込み」と題名を明記ください。
(1)参加者氏名
(2)勤務先名
(3)住所 
(4)所属と役職
(5)メール
(6)TEL
(7)FAX
(8)工場までの交通 (○印下さい。)
   1.電車(三島)、2.車、3.電車(   )、4.その他
(9)東芝機械様の食堂(12:00〜12:30頃までに)を
   利用したい方(○印下さい。) 利用する


                            以上


(1) 2 3 4 ... 26 »
QRコード

http://www.best-japan.org/

会員へのリンク
どんなものどんな製品でも磨きます。バリ取りから鏡面研磨まで
バリ取り・洗浄・研磨を超音波で自動化!超音波キャビテーション応用技術
キズ、打痕、バリの良否判断:人の目に、より近ずいた画像認識検査装置
円筒内の加工を得意としています。交差穴のバリ取り、研削、ホーニング、仕上げなど
精密部品用、複雑形状部品用各種研磨材、研磨布紙のことならお問い合わせください。
金属部品の疲労強度向上、摺動性向上などの表面改質用ツールを提案しています。
多様な分野の技術者、研究者が、科学技術を通して社会に貢献する団体です。
磨き抜かれたブラシ技術を提供します