メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
投稿者: bj-admin 投稿日時: 2019-3-26 17:09:53 (38 ヒット)

“日立金属? グローバル技術革新センター
(GRIT)を訪ねてAM技術を学ぶ”

 主催:バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会
    委員長 北嶋 弘一(関西大学名誉教授)
 協賛:BEST-JAPAN研究会  八尾バリテク研究会
                           
 2019度第3回の研究見学会は、日立金属(株)「グローバル技術革新センターGRIT」(熊谷市)を訪問して同センターの見学と講演会を開催する運びとなりました。近年、ものづくりのデジタル化に伴い、設計データより直接部品を製造するAdditive Manufacturing(AM)への注目が高まっています。その積層造形による手法では、層の積み重ねによる段差をとサポート部を除去する後処理工程が必須となります。この研究見学会では、積層造形技術の手法とその後処理法を学んでこれからのものづくりの在り方について考える機会としていただきたいと思います。
皆様には最先端の設備を見学するまたとない機会かと思いますので、皆様には何かとご多用のこととは存じますが、多数のご参加をいただきますようご案内申し上げます。

               記
◇日 時:2019年6月7日(金)
     13:00〜17:30(12:30より受付開始)
◇会 場:日立金属株式会社 熊谷事業所
     グローバル技術革新センターGRIT  
     Tel 048-545-5200
     360-8577
     埼玉県熊谷市三ヶ尻5200番地 (JR籠原駅より車で約10分)
◇内 容:13:00~13:05 委員長挨拶
     13:05~13:45 講演(1)
     「日立金属の3次元造形技術と積層造形体の特性評価」
             日立金属株式会社 先端材料開発部
             主任研究員 青田 欣也氏
     13:45~14:25 講演(2)
     「Additive Manufacturingの諸問題と後処理工程の提案」
             芝浦工業大学
             デザイン工学部 教授 安斎 正博氏
     14:25~15:45 講演(3)
     「磁気バレル加工法による後処理の提案」
             株式会社プライオリティ
             代表取締役 中野  修氏
     15:45~16:05 講演(4)
     「3Dプリンター造形品の研磨事例の紹介」
             有限会社徳吉工業
             代表取締役 徳吉  淳氏
     16:05~16:15 休 憩
     16:15~17:05 グローバル技術革新センタ−GRIT見学
     17:05~17:30 質疑応答と総合討論


◇参加費(タクシー代含む):会員(協賛会員含む):¥8,000
              非会員:¥15,000 
◇定員:40名
◇参加申込み締め切り: FAXで5月31日(金)までにお願いします。
           入場登録が必要となりますので
           できるだけ早めのお申し込みをお願い致します。
◇申込先:滋賀県立大学工学部 機械ダイナミクス研究室内
     公益社団法人砥粒加工学会
     バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会 事務局宛 
     TEL(0749)28-8394 FAX(0749)28-8476 

下記記入して申し込みください。
バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会
2019年度第3回研究・見学会(6/7(金))参加申込みと明記して
(1)氏名 (2)氏名フリガナ (3)勤務先・所属 
(4)住所:〒 (5)TEL         
(6) FAX  (7) E-mail
(8)会員資格(いずれかを○で囲んでください) :専門委員会会員
                       協賛会員・非会員
(9)懇親会(いずれかを○で囲んでください) :  参加する・不参加

*参加登録後、無断でご欠席された場合には参加費をご請求させて頂きます。


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2019-2-28 8:42:05 (91 ヒット)

主催 BEST−JAPAN研究会
会長 北嶋 弘一
協賛 砥粒加工学会 バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会   
                 ショットピーニング技術協会
                 八尾バリテク研究会

 
 製品の高機能化、小形化に対応して部品構造は小形で複雑形状になってきています。
 今度の研究例会は、レースマシンのエンジン部品、人工衛星の部品など、金属精密部品製作を手掛ける(株)入曽精密を訪問します。2005年に日経ものづくり大賞、2013年にはドイツハノーバで開催された5軸加工プロセスコンテストで世界第3位を受賞、2016年 立方体の一辺が0.1mmの真鍮製サイコロの製造に成功しています。微細・精密部品加工では見聞する内容が盛りだくさんあります。
是非、ご出席の上、ご自身の目で見聞下さい。

1.日時 平成31年4月9日(火)13:30〜16:30
2.場所 (株)入曽精密
  〒358−0033 埼玉県入間市狭山台4−6−7
  TEL:04-2934-4633 
3.集合場所と時間
  西武池袋線入間市駅、改札口 12:50
  (タクシーに分乗して会場へ)

4.(株)入曽精密様の紹介
 (株)入曽精密様のホームページにある部品事例を紹介します。Φ5.3、厚さ0.5mmのチタン製プロペラ、Φ1.8、長さ2.4mm、端数20のチタン製微細ネジなど 微細部品を製造されています。また、サブミリオーダーのニーズに応えるべくマイクロパーツ・ハンドリングシステムを開発しました。 微細加工機などで製造された部品をモニタを通して観察しながら手元のハンドルで操作することで微細部品を用意に取扱うことが可能です。多数のΦ0.01mmの穴の中から任意の場所にΦ0.05タングステンワイヤー挿入できるハンドリングシステムです。

5.プログラム
 13:30 開会
  BEST-JAPAN研究会会長挨拶
  *(株)入曽精密様ご挨拶
  *会社概要
  *製品・技術紹介             
  *工場見学と質疑応答
  *総会  
 16:30 閉会

6.定員20名(先着順、同業者の方も参加できます)

7.参加費
  会員、協賛会員5,000円
  2口会員、3,000円
  非会員10,000円、学生、無料
  当日受付で支払い下さい。請求書をご入の方はお申し出ください。

8.申込み締切り
  FAX、またはメールで下記あて4月1日(月)までに申込み下さい。

9.申込み先・問合わせ  
  BEST−JAPAN研究会 事務局 宮谷 
  TEL/FAX:045−473−0742
  メール:miyatanieng@aol.jp
  HP:http://www.best-japan.org/


(ふりがな)
氏 名:

資格 : 会員・協賛会員、2口会員、非会員、学生

交通 : 電車、車、その他(        )
          (いずれかを○で囲んでください)

勤務先・所属:  

住所:〒

TEL:                             

FAX:                         

E-mail:        


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2019-1-23 22:33:26 (114 ヒット)

 来る2月6日(水)から8日(金)まで東京ビッグサイトで開催される第23回機械要素技術展で、BEST―JAPAN研究会ブースではバリ取り・エッジ品質・エッジ仕上げ・表面仕上げに関して、経験豊富な研究会会員による技術相談を行います。会員・非会員を問わず技術相談に応じますのでお立ち寄り下さい。各展示ブースを見学される前に、当研究会で情報を仕入れると、効率よく見学できます。

 現物、図面などをお持ち頂くと、より的確にご回答できますので、問題解決の満足度を高めるのに役立ちます。

 また、「バリなきこと」やバリ取り・エッジ品質・エッジ仕上げ・表面仕上げに関する規格、書籍を紹介・販売しています。さらに、会員のカタログも展示しています。バリ処理、エッジ品質、精密表面仕上げに関する情報もたくさんありますので、ぜひお立ち寄りください。


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-11-22 1:52:18 (209 ヒット)

     ―2018年研究例会開催(ご案内)―

主催 BEST−JAPAN研究会
会長 北嶋 弘一
協賛 砥粒加工学会 バリ取り加工・研磨布紙加工技術専門委員会   
   ショットピーニング技術協会
   八尾バリテク研究会

 製品の高機能化、小形化に対応して部品構造は小形で複雑形状になってきています。
 今度の研究例会は、ドラマ「下町ロケット」の撮影場所としても使用され、バルブや人工弁など精密機械の部品等を製造する株式会社フジキン様 万博記念つくば先端事業所を訪問します。
 万障お繰り合わせの上ご出席ください。

1.日時 平成30年12月4日(火)14:00〜17:00
2.場所 (株)フジキン 万博記念 つくば先端事業所
  〒305-0841茨城県つくば市御幸が丘18
  TEL:029-856-3301 FAX:029-856-5392
3.集合場所と時間 研究学園駅下車、改札口 13:15
          タクシーに分乗して会場へ

4.(株)フジキン様の紹介
 (株)フジキンは創業以来85年、さまざまなバルブ機器、とくに超精密ながれを制御できる超精密バルブ機器を生産してきました。応用分野は、宇宙ロケットをはじめ、半導体生産プロセス、オプト・ケミカル・バイオプラント、原子力発電、海洋開発に欠かせないバルブ機器です。超モノづくり部品大賞(日刊工業新聞社)素形材産業技術賞など多数の表彰を受賞されています。
 今回訪問する万博記念つくば先端事業所は、清浄度世界一のレベルを誇るクラス1のウルトラスーパークリーンルームをはじめ、数々のハイテク対応技術が随所に配され、環境制御装置や超精密ながれ流体制御機器の研究開発と生産が行なわれています。

5.プログラム
14.00  開会
       BEST-JAPAN研究会会長挨拶

14:10  (株)フジキン様ご挨拶
*会社概要
*製品・技術紹介
「宇宙ロケット、半導体、燃料電池に貢献する超精密バルブ機器の開発と
生産」についての説明があります。                
*工場見学と質疑応答
 超精密バルブ機器部品の機械加工、ウルトラスーパークリーンルーム内
で行っている検査・組立て、工程などを見学します。

17:00  閉会


6.定員 15名(先着順、同業者の方はお断りさせていただきます。)
7.参加費 会員、協賛会員5,000円、2口会員、3,000円
      非会員10,000円、学生、無料
  当日受付で支払い下さい。請求書をご入の方はお申し出ください。
8.申込み締切り FAX、またはメールで下記あて11月26日(月)
         までに申込下さい。
9.申込み先・問合わせ  
         BEST−JAPAN研究会 事務局
         TEL/FAX:045−473−0742
         またはhttp://www.best-japan.org/
 
下記記入して申込下さい。
平成30年研究・見学会(12/4)を明記して
(1)氏名 (2)氏名フリガナ (3)勤務先・所属
(4)住所:〒 (5)TEL         
(6) FAX  (7) E-mail
(8)会員資格(いずれかを○で囲んでください)
   会員、協賛会員、二口会員、非会員、学生
(9)交通(いずれかを○で囲んでください)
    電車    車   その他(          )

                             以上


投稿者: bj-admin 投稿日時: 2018-9-16 23:59:56 (287 ヒット)

日本塑性加工学会関西支部 第31回 技術研修会
「バリ取り・エッジ・表面仕上げの基礎と最前線」


日 時 : 平成30年11月30日(金) 12:45〜17:00
会 場 : 同志社大学 大阪サテライト・キャンパス
     〒530-0001 大阪市北区梅田1−12−17
           梅田スクエアビルディング17階
交 通 : JR「大阪」駅より徒歩3分 詳細は↓
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/osaka_o.html)

主 催 : 日本塑性加工学会関西支部
協 賛 : 日本金型工業会,日本機械学会,日本金属学会,日本材料学会関西支部
     日本鍛造協会,日本鉄鋼協会,型技術協会,表面技術協会,軽金属学会
     精密工学会,全国工作油剤工業組合,砥粒加工学会バリ取り加工・研磨布紙加工技術
     専門委員会,BEST−JAPAN研究会

趣 旨 : 今日の多くの産業分野では製品の高機能化,高品質化や省エネ化が求められ,その構成部品の加工精度に対する要求がますます厳しくなっている.その中で,バリ取り・エッジ仕上げに関して従来の「バリなきこと」という曖昧な設計指示が通用しなくなり,定量的な「エッジ品質」の表示がもとめられるケースが増えている.本研修会ではこのような技術動向に向けて,基礎技術から最新技術のバリ取り・エッジ仕上げ法やその品質について講述するとともに,それらの応用事例を紹介する.話題提供後には,各講師への技術相談の時間や名刺交換の機会を設け,今後へのビジネスチャンスの契機としたい.

プログラム:
開会の辞(12:45〜12:50)  日本塑性加工学会関西支部長 中村 良光君
講演会 (12:50〜16:30)  司会 (株)日新製鋼 大塚 雅人君
                   (株)神戸製鋼所 柿本 英樹君
技術相談と名刺交換会(16:30〜17:00)

12:50〜13:50
第1部:基調講演「バリ取り・エッジ仕上げの基礎と最新動向」
 バリ取り・エッジ仕上げの必要性およびエッジ品質のJIS(H0721)について解説するとともに,最近開発のバリレス切削工具やバリ抑制対策技術などの最新動向について紹介する.
関西大学名誉教授 北嶋 弘一君

13:50〜14:20
第2部: 応用事例紹介の講演
(1)研摩布紙工具およびバフ工具を用いた事例紹介
加工形状を変えないでバリ取り・エッジ仕上げを行う方法を金属材料からプラスチック材料に対しての事例を紹介する.     (株)光陽社 生田  桂君

14:20〜14:50
(2)ブラスト研磨法(エアロラップ法)による事例紹介
粘弾性研磨メディアを用いた低環境エミッション性を有するセミドライ加工での微細バリ取り・エッジ仕上げ法を解説する.    (株)ヤマシタワークス 倉谷 吾郎君

14:50〜15:00 休憩

15:00〜15:30
(3)磁気バレル加工法によるマイクロバリ取り・エッジ仕上げ
  磁気バレル加工法の原理とその特徴について説明するとともに,マイクロバリ取り・エッジ仕上げの加工事例を紹介する.   (株)プライオリティ 中野 修君

15:30〜16:00
(4)ウオータージェット加工法による部品内部のバリ処理
  ウオータージェット加工法の特徴と方法について解説するとともに,それを適用した最新の加工事例について紹介する.    (株)スギノマシン 金本 拓也君

16:00〜16:30
(5)プレス加工部品のバリ取り・エッジ仕上げ
 板金屋が開発した板金屋のためのプレス加工部品用のバリ取り・エッジ仕上げ機「メタルエステ」の特徴と事例を紹介する.    (株)エステーリンク 斎藤 隆範君

16:30〜17:00
技術相談 Q&A・名刺交換会:講師への技術相談や名刺交換の機会を設けます.

定  員:80名(定員になり次第締切ります)
参加費:会員7,000 円(賛助会員,協賛学会会員は会員扱い)
    非会員12,000 円(学生は半額)

申込方法:「関西支部第31回技術研修会参加申込」と題記し
     1.氏名,2.会員資格(正・賛助・学生・協賛学協会,一般)
     3.勤務先(所属部課名・役職名)
     4.通信先(郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・E-mail)
      を明記の上,E-mailにて下記にお申し込みください.

※公共交通機関をご利用下さい.
※参加費は参加証,請求書を受領後に開催3日前までに指定の振込先へご送金下さい.
※申込後1週間経っても受付の連絡がない場合は事務局までお問い合わせください.

申込先:日本塑性加工学会 関西支部事務局 Tel:090-9280-0383 
E-mail:kansosei@mail.doshisha.ac.jp

申込締切:平成30年11月16日(金)

                                  以上


(1) 2 3 4 ... 27 »
QRコード

http://www.best-japan.org/

会員へのリンク
どんなものどんな製品でも磨きます。バリ取りから鏡面研磨まで
バリ取り・洗浄・研磨を超音波で自動化!超音波キャビテーション応用技術
キズ、打痕、バリの良否判断:人の目に、より近ずいた画像認識検査装置
円筒内の加工を得意としています。交差穴のバリ取り、研削、ホーニング、仕上げなど
精密部品用、複雑形状部品用各種研磨材、研磨布紙のことならお問い合わせください。
金属部品の疲労強度向上、摺動性向上などの表面改質用ツールを提案しています。
多様な分野の技術者、研究者が、科学技術を通して社会に貢献する団体です。
磨き抜かれたブラシ技術を提供します